腰痛神の手.com » 五十肩と針治療

五十肩と針治療

五十肩にはどのような治療法がいいのか、といえば、一般には整形外科や整体、鍼灸などが主に考え付く方法ですが、その中でも鍼灸の効果が高かった、と言われる方は多くいらっしゃいます。中には外科医にも五十肩で鍼灸に通う例が多くあるそうです。

ただし、五十肩でも適切な時期に受けることが大切です、あるいは病期によって、適切な治療方法があります。

急性期、慢性期と回復期がありますが、急性期の痛みにはあまり強い刺激は適していません。もちろん鍼灸も針を刺しますので、炎症が起こっている状態には相応しい方法とはいえません。また、慢性期や回復期になれば、効果は絶大と言う方が多くいらっしゃいます。

副作用もほとんど心配がなく、プロの施術師によって効果的な施術を受け、回復までのペースをかなり早めたという話も多く聞かれます。

五十肩では、痛みをまだ感じている肩や腕にするのではなく、それに関係する経路、反応点などのツボを刺激していきます。

慢性期以降は、痛みがほとんど止まり、起こってもそれが大きくなるようなことはありません。しかし肩関節の動き自体は急性期と比べより進行してしまっています。

この癒着があまりに大きい場合には、肩や肩甲骨周りの経路にも直接治療をすることがあります。血行を循環させ、筋肉の柔軟性を取り戻し、可動域の回復を図ります。

その他、鍼灸では低周波治療をする例も多くあります。灸ももちろん用いますし、温熱療法全般が高い効果を示します。

可動域拡張のためには運動療法も大切です。アイロン体操や尺取虫体操などのオーソドックスな運動療法を症状にあわせて加減を含めて指導をし、その効果を見ながら、都度役立てていきます。五十肩はとても辛いですが、まず急性期は安静がなによりです。

3ヶ月程度続く場合もありますが、決して自分で針を打つなどの無理をしないで、プロの鍼灸院に頼るようにするのが大切です。