腰痛神の手.com » ブロック注射とは

ブロック注射とは

ブロック注射には種類があります。刺す部位や注入する薬剤に色々な種類があります。たとえば静脈注射や動脈注射、骨への注射などが一般的ですが、神経やその周囲に注射をするものをブロック注射と呼びます。

神経ブロックは、神経に注射をして症状を抑えたり、血行をよくするために使用されます。

よく使用されるものとして、腰椎の椎間板ヘルニアに対する神経根ブロック、頚椎椎間板ヘルニアの治療で使用される星状神経節ブロック、頚椎や腰椎などの硬膜外ブロックなどがあります。

このブロック注射の目的は、まず症状を抑えることです。また血行をよくすることは患部に栄養分を運ぶために効果があり、その患部の治癒の力を高めることができます。

つまり痛みを止める以外にも効果があり、効き目が1時間から2時間と言われている疾患でも、より長期間効果を持続させることも多くあります。使用される薬剤の効果は1時間程度でも、ブロック自体の効果はそれ以上持続するわけです。

またこのブロック注射にはデメリットもあります。もっとも大きなものとしては、神経そのものに損傷を与える可能性が高いこと、つまり、ペインクリニックなどの医師の腕が未熟なときは要注意です。

トリガーポイントは、圧痛がある場合に用いられます。つまり筋肉が炎症を起こしていたり、いわゆるツボにも効果があります。

特に手足の疾患の場合にはこの圧痛ポイントが多数存在するのが常で、このポイントが原因になっている場合にはとても有効です。またその効果は神経ブロックと同様に、痛みを鎮めるために用いられます。

もう1つは関節内注射があります。関節は骨と骨を繋いでいる部位です。レントゲンなどでは骨しか見られませんが、関節包の中に痛みの原因があることが多く、この場合に関節内注射を用いて痛みをシャットアウトすることができます。

また変形性膝関節症の場合、痛みの原因がどこにあるのかを測るために使用することもあります。また痛みの原因が間違えている場合は感染の恐れがありますので要注意です。