腰痛神の手.com » 腰の痛みと家事

腰の痛みと家事

腰痛の原因で実は多いのは家事によるものです。「主婦腰痛」などと呼ばれる事もあります。

主婦の皆さんはほぼ、毎日何かしらの家の事を家族の為に行っています。なぜ、毎日行っている掃除や調理などが腰の痛みの原因になるのか?と主婦ではない方は思うかもしれませんね。食事を作ったり掃除をしたり行わなければいけない事は、ほぼ毎日あります。

そしてほぼ毎日同じ動作で同じ筋肉を使っているのです。例えば食器を洗う時、洗濯物を洗濯かごから取り出す時、掃除機をかけている時などの姿勢を思い浮かべてみても姿勢は少し前かがみになります。

この前傾姿勢は、背中や腰に大きな負担をかけるのです。しかも多くの動作はこの前傾姿勢を取ることが多いのです。毎日のことなので、知らず知らずのうちに疲労が重なっていきます。

また、年々加齢の為に骨や筋肉も老化していきます。家の事ををしてくれる人が具合が悪くなってしまい寝込んでしまったら家族も困ってしまいます。腰を痛めないようにするためのポイントを押さえておきましょう。

食器を洗ったり料理をしたりキッチンでの動きは、どうしても少し前かがみにならないと出来ないものです。そんな時は両足を前後に軽く開いて膝を気持ち曲げて立つと腰にかかる負担が軽減されます。

掃除機をかける時は片手ではなく両手でかける方が負担になりません。中腰にならないようにする、背中が丸まらないようにする、体重を両足に均等にかけるようにするなどを実践するだけでも今までの姿勢で負担が腰にかかり腰に痛みがあった人も少し楽に出来ると思います。

また意識をして全身運動を行うような気持で動くと毎日同じ筋肉だけを使っていたために出ていた痛みも未然に予防できるでしょう。休息ももちろん大切です。ゆったりお風呂につかってマッサージなどをしてもいいですね。睡眠時間もしっかりとりましょう。

寝る前や朝、起きた時のストレッチも効果的です。あまり柔らかい寝具を使うと腰が沈んでしまい腰の為には良くないので適度な固さの寝具を選ぶといいですね。

何かと主婦の方は自分の身体は後回しにしてしまいがちですが、 甘く見ると後悔することにもなり兼ねません。痛みが酷い時は無理をせず安静にして、整形外科にかかってくださいね。