腰痛神の手.com » 筋トレとフットケアの違い

筋トレとフットケアの違い

筋力トレーニングでは、全身の筋肉を鍛えることを目的に、足の運動を取り入れますが、フットケアは、日々のケアの中で血流を良くし、足から体全体をほぐすことを目的としています。

もちろん、スポーツ選手など、足を日常的に使う人にとっては、足のケアは非常に重要なので、日々の生活の中にうまく取り入れるようにすることが肝心です。

フットケアは、筋トレと違い、その行為自体で飛躍的に筋力をアップさせるようなことにはなりませんが、確実に体の調子を整え、足全体の調整にもつながる行為です。

バーベルやその他、トレーニングの機器を使うことは必要ありませんが、意識して生活の中に取り入れるようにすることがよいでしょう。

フットケアとしては、日常の中で、意識して取り入れなければならないものとして、足全体のマッサージなどもその行為に含まれます。

意識して、普段から日常的に運動することによって、足の筋肉をほぐし、その他病気の予防にも大きくつながります。

特に生活習慣病といわれる、糖尿病、脳卒中、その他、成人病などは、運動不足が大きな原因となっていることがあるので、フットケアによって、出来る限り改善できるように意識しておくことは、日々の生活の中でも非常に大切なことです。

フットケアは、ともすると、日常生活の中で忘れがちになってしまうので、十分に生活の中でうまく取り入れられるように工夫することが肝心です。

なかなか継続が難しい人は、一週間のうちに、何日かでも必ず行う日を決めて、意識して生活の中に取り入れるようにすることで、大きな改善がみられるようになるはずです。

立ち仕事が多い人などは、フットケアがおろそかになると、腰痛などの原因になるので、仕事の前に軽く運動する、仕事が終わった後はストレッチなどのケアを取り入れるようにするとよいでしょう。