腰痛神の手.com » 腰痛コルセットとつけ方

腰痛コルセットとつけ方

腰痛コルセットは腰の痛みを制限することができ、また腰痛時の動作を一段階アップさせて生活を楽にしていく効果を発揮するため、特に痛みが大きい場合はとても有用です。

コルセットは病院で調達できる場合も多いですが、そうでなければ自分で通信販売などで買い求めなければなりません。

病院では医師に装着方法の指導を受けたり、装着した感じに違和感がないかどうかなどを相談することができますが、通信販売で購入するという場合、なかなかうまく装着できない、というようなことになりがちです。

正しい方法をマスターすることで、初めてその役目を充分に発揮するものですので、販売業者さんの選択をする際はサポートが充実しているかどうかを確認しておかなければなりません。

せっかく購入した腰痛コルセットは、つける場所を間違えるとまったくつけている意味がない、ということにもなり得ます。

痛みがある場所によって、つけ方も違います。一般に、臀部よりもやや上のほうに痛みが強いという場合は、その部分を中心にして巻きつけるのがいい方法と言えます。

また、臀部の周りが痛む場合では、骨盤を守るために効果の高いタイプを選んで、骨盤の位置よりもやや下のほうに巻きつけるのがコツです。

あるいは2段階式のものもありますので、より広い部位をサポートして、ずれても安心なものがよければ、あらかじめ商品をチェックしておくとよいと思います。

装着方法や外し方については、知っていても腰痛の痛みによってしずらいというケースが多くあります。自分以外にコルセットを装着してくれる方がいれば安心ですが、ゆくゆくは自分で装着できるように慣れていくのも大切です。

特に腰痛が慢性期に入ってくると、痛みが無い場合にははずしてリハビリをしたり、ある程度自然な動作になれていくようにしなければなりませんので、着脱の頻度も高くなってきがちです。