腰痛神の手.com » 妊婦におこる痛みについて

妊婦におこる痛みについて

腰痛にも色々原因はありますが、妊娠期間中は初期から産後まで腰の痛みに悩まされる女性が多く見られます。この時の腰が痛くなる理由をここでは説明したいと思います。

まずは、妊娠すると出産に備えて女性の体は母親の体へと変わってきます。赤ちゃんが育っていくにつれて子宮が大きくなりそれに伴ってお腹が大きくなります。

お腹が大きくなり前に出てくれば当然、お腹を突き出すような仰け反るような姿勢になり、腰に負担がかかってきます。

これまで、支えてきた重さとはだいぶ異なりますから当然、その負担の分が症状となってって出てくるのです。この腰への負担を軽くすることが出来れば痛さもやわらぎます。お腹が大きくなってきて大変では、ありますが、なるべく良い姿勢でいると当然、痛みは軽減されます。

また、前もって腹筋や背筋などの体幹を鍛えておくとお腹が大きくなってきても 筋肉がついてバランスもよくなるので支えるのが楽になります。健康であれば軽い運動も効果的です。

5か月を過ぎると安定期になるので健康な状態であれば軽い運動などを行うとよいでしょう。妊婦さん用にマタニティヨガ、水中ウォーキング、ストレッチなども地域の施設やスポーツジムなどで行われています。

雑誌などで特集している事もありますね。また、大きくなったお腹を支えている事の他にも、腰が痛くなる原因があります。それはホルモンです。

妊娠するとお母さんになろうとして体はどんどん変わってきます。赤ちゃんが産道を通る為に必要な準備として骨盤の靭帯が緩みはじめます。

この時にリラキシンというホルモンが盛んに分泌されます。

リラキシンは靭帯を緩ませる作用があるのです。妊娠3ヶ月~産後2‐3日にわたりリラキシンが分泌されています。普段、靭帯は関節を支えているのですが靭帯が緩むとその周りの筋肉が緊張して固くなってしまいます。

すると、骨盤の周りや股関節、腰などに関わっている関節が不安定になります。この事が腰の痛みの原因になっているのです。

これは、赤ちゃんを産むためには必要不可欠な事なのですが、お母さんになる女性は、大きくなっていく赤ちゃんの重さ、胎盤や羊水、赤ちゃんを守る為に母体の体重も増えて行くのに、靭帯が緩んでいくという現象は、つらいものです。

この時、腰の痛みを軽減する妊婦さん用のサポートベルトなどを装着するとサポートベルトが負担を支えるので、利用してみるといいでしょう。適度な運動と無理な姿勢をとらないなどを注意し、腰痛を軽減しながら健康的な妊婦生活を送りましょう。