腰痛神の手.com » 変形性膝関節症の治療とストレッチ

変形性膝関節症の治療とストレッチ

変形性膝関節症の治療に運動は欠かせません。膝の動きを制御する太ももの筋肉を鍛えて膝の制御をしやすくして関節に掛かる負担を軽減したり、代謝機能を上げて削れてしまった軟骨部や骨の再生を促したりと様々な変形性膝関節症の改善効果が期待できます。


運動といっても激しいスポーツは逆に膝に負担が掛かることもあるので、ストレッチやウォーキングといった比較的軽い運動を続けることで少しずつ身体を鍛えていきます。

またこうした運動は変形性膝関節症の改善だけでなく、ダイエット効果も期待できます。膝関節に掛かる負荷はやはり体重が重い方のほうが大きいので肥満気味の方は体重を落とすだけでも膝に掛かる負担を大幅に減らすことが出来ます。

変形性膝関節症向けのストレッチ法は色々なものがあり、最近ではインターネット等でもそうした方法が公開されています。

自分で行うもの以外にも独自のストレッチを行うことで有名なクリニックや整体院などもあるのでそうしたところで治療を受けてみるのも良いかもしれません。

また自己流でストレッチなどの運動を行う前に一度病院などで医師や理学療法士などの専門家の意見を聞いておいたほうが良いでしょう。

自己流で行うとあまり効果が期待できないトレーニングを行ってしまったり、逆に膝に負担を掛けて症状が悪化することも起こりえます。

早く治したいからと病院側から提示されたメニューといっしょに追加でトレーニングを行おうとする方も多くいらっしゃいますが、かえって逆効果になることもありますので、もっとトレーニングメニューを増やしたいという方は必ず一度相談してみてください。

このような運動による変形性膝関節症の治療は誰でも出来る治療ですが非常に重要なものです。決して運動の効果を過小評価せずに毎日しっかりと行いましょう。継続し続けることで辛い膝の痛みを確実に消せることができますよ。