腰痛神の手.com » 頚椎ヘルニアとMRI

頚椎ヘルニアとMRI

頚椎ヘルニアの診断方法として、もっとも大切ともいえるのが、身体所見の裏づけをとるために撮影されるMRIです。

MRIとは、磁気共鳴画像装置という名前で、磁場と電波の両方を利用して様々な部位の詳細を映し出す装置です。

ほとんど映し出せない病変は無いと言われるほど精密で、整形外科や神経外科では装備していないところは無いくらいです。

従来はレントゲンを用いていました。このレントゲンはエックス線と呼ばれる人体に害を及ぼす磁気を発生するため、高齢者の方は特に危ないと言われ、レントゲンであれば他の方法をお願いするという方も多くいらっしゃいますが、MRIは放射線の影響もなく受けることが可能です。

またレントゲン撮影では椎骨が写っても椎間板までは映し出すことができません。つまり頚椎ヘルニアについての詳細を見ることができないのです。

しかしこの方法にも難点があります。まず閉所恐怖症の方には無理です。狭いトンネルのようなところに閉じ込められ、そのまま30分以上はじっとしていなければなりません。しかし最近はいわゆるオープン型も登場しているそうですので、外科に尋ねてみる必要はありそうです。

専用のベッドに寝た状態で、ベッドがそのまま装置の中に患者ごと入っていきます。またその後は長時間じっとしているように指示されます。

また音も比較的耳障りなものがしますので、過敏な方も注意が必要です。もちろん画像撮影ですから痛みはありませんが、途中でやめてくれ、などということがないようにしなければなりません。

7つあるうちの椎間板のどの部分が異常を持っているのか、また隋核が飛び出しているのであればどの程度なのか、といったことまで詳細にわかりますので、手術をする際にもとても有用です。

MRIは設置していない小さな病院を受診するのはお勧めできません。できれば受診前に確認しておくか、診断だけは大きな病院で受けるなどの対策が頚椎ヘルニアの治療のためには大切です。