腰痛神の手.com » 肥満について

肥満について

最近、太り過ぎなのか腰が痛いなと思われる方はいらっしゃいませんか?健康診断などでメタボリックシンドロームや平均よりも体脂肪が多いなどと診断された方などは要注意です。

太ってしまうと背中や腰には大きな負担がかかります。以前より重い体を支えているのですから負担がかかる事は仕方ありません。

太ってしまった方は筋肉があまりない人が多く、しかも、体重が多いために、負担は倍増してしまいます。体の重さが腰にかかり、腰の筋肉が疲労します。すると、痛みがでてしまうのです。

またお腹が大きく前に出てしまうと、どうしても体が反り返るような姿勢になってしまい背中や腰に体重がかかってしまいます。

骨盤がゆがみ背骨にも故障が出始め無理やり筋肉で支えるのですが体重が重いせいで筋肉の疲労になる為、腰に痛みが出るのです。痛みで悩んでいる方は改善のためにも、また健康の為にもダイエットをしましょう。

急に過度のトレーニングをすると腰に負担をかけてしまうので、ゆっくりとしたストレッチなどの運動をするとよいでしょう。

ストレッチをして腰回りの筋力が付く事も、体を動かすことによりカロリーを消費して脂肪が減り体重が軽くなる事も痛みの改善に大きな効果ですので はじめは大変かもしれませんがあせらずゆっくりと脂肪を落としつつ筋肉をつけるように運動しましょう。

少し体重が減ってきたら有酸素運動のウォーキングなども取り入れてみるといいですね。食事の面でも早食いをしないでゆっくり噛んで味わっておいしくバランスのいい食事をとることを心がけましょう。

カロリーや塩分、脂質などに気を付けることにより体の中も健康的になっていきます。ダイエットをすることで健康的になるのはもちろんのこと、悩まされている症状もよくなります。

運動をすることに不安がある人はかかりつけの整形外科医などで相談したり、メディカルチェックを受けたりするとより安心してダイエットの為の運動が出来ますね。

ダイエットをすると腰だけではなく負担がかかっていた膝や内臓にもよい効果がたくさんあります。痛みもなくなり体も軽くなります。何よりも健康的になることで体の悪いところを極力減らして、健やかな毎日を過ごしましょう。