腰痛神の手.com » 耐震リフォームによる災害対策

耐震リフォームによる災害対策

最近は地震の頻度が多くとても不安な状態です。そこでリフォームより耐震をすることができます。耐震でいかに家が揺れずに頑丈になるかで地震の恐怖心が違います。

震度3でも全く揺れずに過ごすことが出来れば安心です。古い家など震度4くらいで壊れる可能性があります。このように未然に破壊を止めることが出来れば安心した生活をすることができます。

耐震性で重要なことがあります。まず地盤がどうなっているかです。地盤のしっかりした場所なら幾分かは問題なく生活することができます。しかし地盤に空洞や弱いところがあった場合地震の時に崩れる恐れがあります。そうならにように地盤の調査は必要事項です。

次に重量です。重い家になると地盤が崩れやすくなります。そして地震時に重量と比較して重量がかかります。倒壊する原因になります。家を軽くすることで地震時の力を軽減することができます。

次に土台や柱などの接合部分です。接合部分は地震以外でも家を潰さないように一定の力が入っています。これが一定以上の強度になっていなかった場合、地震で壊れることになります。

ここが壊れた場合家が潰れます。2階建て以上の建物になると1階にかかる重量がとても高いです。1階が潰れると倒壊する確率が大幅に高くなります。

そして壁と床です。接合部分と隣接する壁と床は地震時に接合部分の力を分散します。壁と床の強度で地震時の倒壊する確率を増やしたり減らしたりします。

壁は多いほうが力の分散をしやすくなります。少ないとあまり分散することができなく倒壊する恐れがあります。

床は水平であることで効果が発揮されます。曲がっていたり充分な耐久値がなかったりした場合全体に不規則な分散の仕方をしたり床が抜けることがあります。

耐震対策のリフォームをすることで家と家族の安全を確保することができます。ぜひ耐震リフォームをしてください。