腰痛神の手.com » ブロック注射の安全性

ブロック注射の安全性

ブロック注射とは、麻酔用の薬剤を患部に注入して痛みを抑えるために用いられる保存療法です。また一般にはペインクリニックで施術を受けられる方が多いですが、整形外科でも麻酔科があれば施術は可能です。

湿布を貼ったり痛み止めを内服するなどの場合とは違い、ブロック注射の安全性は他の方法よりどうしても下がってしまいます。例えば間違った部位に注射をしてしまうと後遺症が残ってしまいますし、ブロック注射で痛みが逆に増してしまう場合も考えられます。

例えば頭痛や顔面神経の麻痺、頚椎症や五十肩、ヘルニアなどに効果が高いとされるブロック注射では、ベッドに横になってからのどぼとけの当たりに針を挿入しますが、入院の必要はなくても、注射後2時間程度は安静にしなければなりません。

また星状神経節の場合、出血や気胸、感染などの副作用がでる恐れもあります。専門医がきちんとブロック注射を施術すればこれらの確率はかなり少なくなりますが、特定の薬剤を用いている場合などは要注意です。

医師にかならず問診で伝えてからブロック注射を受けなければなりません。たとえば抗凝固剤を飲んでいる場合、血が止まりにくくなり、血の塊ができ、さらに出血してしまう可能性があります。

もちろん針の痛みも副作用となり得ます。ヘルニアなどでよく用いられる硬膜外ブロックの場合はとくに大きくなりがちです。

また最近では針も細めのものを使用するようになり、皮膚の痛みを十分に取ってから施術する場合が多くなっています。しかし腰痛がひどい状態で打つ場合はやはり大きくなりがちですので、注射をするタイミングについても十分に考慮しておかなければなりません。

また硬膜外ブロックでも重篤な副作用として針穴からの感染や出血、神経の障害などが考えられますが、専門医の安定した施術を受ければ安全性はかなり高くなってきています。

麻酔科の先生でも若い先生はあまり依頼しないほうがいい、などと言われることがよくあります。安全性の確認のためにも、症例の数は明確に聞いておくべき、という方もいらっしゃいます。