腰痛神の手.com » ストレッチポールと猫背

ストレッチポールと猫背

猫背は多くの方が持っている悩みであると言われ、デスクワークやテレビゲームなどの椅子の上にいることが長い方は特に要注意です。

また猫背の原因は、体の歪みやバランスの悪化です。これらの原因を解消するためには、ストレッチポールを使った矯正方法がとても効果的です。

まずストレッチポールの基本ポジションではなく、背筋を伸ばしてから座ります。次は足を肩幅ぐらいまで開きます。

両手を太股の上に軽く置いたら、腹部に力を入れて、仰向けになるまで徐々に足を出していきます。その後肩甲骨の下あたりにストレッチポールが来たら、2、3秒静止します。その後ゆっくりと片足ずつ動かしていき、元の状態まで戻します。

肩はできるだけ上下させないようにするのがコツです。ちょっと変わったストレッチのやり方ですが、これがなかなか効果があると言われます。

前後の動きを1回、一日に3回程度がほどよい回数です。また毎日続けることで、猫背が徐々に解消されていくのがわかります。

ストレッチポールではその上に寝てからエクササイズを行うことで、非常にたくさんの効果を得ることができます。

また普段鍛えることができないような筋肉、特に体幹の筋肉を引き締める効果が高く、これに加えて、猫背の原因となる筋力の低下や骨格のゆがみも矯正できるのが、ストレッチポールの大きな魅力と言えます。

基本姿勢を使った矯正法として、膝を立ててから肩幅ぐらいまで広げ、手は床についてからもっとも安定している場所に移動します。次にゆっくりと深呼吸をしてリラックスしたら、両手を肩と水平になるような感じで広げていきます。

またこの状態で深呼吸します。手を元に戻し、今度は両膝を広げていき、ひざが突っ張りきらないところまで伸ばします。

30秒ほど静止してから元の位置に戻します。これらの動作を毎日繰りかえすと、関節がとくによくほぐれてきて、正しい姿勢に矯正されます。一度マスターすればとても簡単です。

腰椎分離症をストレッチで治す方法をご紹介