腰痛神の手.com » 第5腰椎のすべり症

第5腰椎のすべり症

第5腰椎分離すべり症はすべり症の一種であり、また、そのうち最も多いものです。腰椎は5つあり、上から順番に第一~第五と綺麗に湾曲を描いています。



この連結した状態が切れる、折れる、ということが起きますと、腰椎分離症であるという診断がされます。このような状態が続き、一様に姿勢などの矯正をしない場合、その切れたり折れたりした腰椎が滑り出すことがありますが、この状態を腰椎分離すべり症と呼びます。

また、第四、第五の2つはその場所的な理由から、最もすべりやすい箇所です。また、分離症からの併発として最も多いのが第五です。

すなわち、すべり症のうちもっとも多いのが第五の分離すべり症であるということになります。このようなすべり症の傷みは、経験した人でなければわからない、とよく言われるように、独特のものです。また、激しい場合もありますし、立っていることさえ困難である場合もあります。

病院、整形外科でレントゲンを受けることでより詳細を把握し、長い間付き合っていくつもりでじっくりと治療するのが基本であると言われています。

すべり症は他の腰痛や神経痛に発展するケースも多く、そのうち多いものとして、坐骨神経痛があります。

坐骨神経痛の原因すべてがそうである、ということではありませんが、腰痛持ちの方や腰の弱い方などは特にその可能性が強いでしょう。

このような症状によって前方にすべり、また脊椎の神経を圧迫しますが、この時、脊椎を通り伸びている神経をも圧迫することがあり、このことで坐骨神経痛になることがあります。坐骨神経痛は臀部から太股まわりの痛みが主です。

中高年に起こる場合はやはりほとんどがこのような状態から来たと考えて間違いないようですが、神経痛そのものについてもすべりを解消することなしでは解消されません。

このように特に腰痛では色々な合併症なども考えられ、原因を探ることはとても重要になってきます。