腰痛神の手.com » 中古物件リノベーションのメリットとデメリット

中古物件リノベーションのメリットとデメリット

最近中古マンション販売などにおいて、リノベーションと言う言葉が良く使われます。ではこれはそもそもどういう意味なのでしょうか?簡単に言うと改善、修理の事を言います。

リノベーションはただ修復するだけではなく、今あるものに付加価値をつけて、そこに住む人のライフスタイルを考えた空間を提供する事を意味します。

もっと詳しく知りたい方は、リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~などのリノベーション情報サイトをご参照ください。

ただ、リノベーションという言葉の定義は実はとてもあいまいになってます。なぜならば、不動産業界において性質や規模に明確な規定がなく、それぞれ見解が異なるからです。

それではこの言葉はいつごろから出てきたのでしょう?日本人はそもそも新築の住宅に価値を見出し、高度経済成長期を中心にマンションの大量生産、大量消費がつづいていました。

20~30年ごとに建物を解体しては新しい建物をすぐに建ててました。しかしバブル崩壊と共に新築住宅の需要は低下し、マンションの中古物件が増えてしまいました。

その中古マンションに目をつけ、古い建物でも価値のあるものを評価しようと言う意識が芽生えてきました。それが始まりです。

種類は大きく分けて3つに分けられます。

一つは今住んでいる住宅を施工する方法。
二つ目は住む所自体を変えて、探し、そこに施工する方法。
三つ目はすでに施工された物件を購入する方法。

しかしこだわりの空間を造るとなるとやっぱりかかる費用、期間が気になるものです。そこで今度はメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

まずメリットですが、

①新築物件よりも安価に理想の家を手に入れることが出来る。
②既存の建物の有効利用は環境保護にも貢献できる。
③資産価値が高まる可能性がある。

などがあります。

デメリットを言うと、

①工事できない部分がある。
②金利の高いリノベーションローンとして扱われる事が多々ある。
③耐久性に問題がある場合がある。
④そんなに安いものではない。
⑤工事が3ヶ月ほどかかる。

などがあります。

良く聞こえがちの言葉ですが、今から改善が必要とされる色々な問題点もあるようです。単純には行かない作業を要するので、それを知った上で踏み切って欲しいと思います。