腰痛神の手.com » 腰のストレッチ方法について

腰のストレッチ方法について

腰のストレッチ法を考えた場合、まずはそのベストなタイミングを知ることが大切です。また、実際はお風呂上り、または運動後がもっとも最適なタイミングです。

寒い時期は特に、筋肉が伸びづらく、その分筋肉をよく暖めてからストレッチしなければなりませんが、入浴後、またはシャワーでも効果があります。また運動後も筋肉は伸びやすくなりますが、使いすぎて疲れてしまったという場合はかえって逆効果ですので注意が必要です。

またこれらのタイミングはベストなタイミングというだけで、他のタイミングで実行したらまるで効果がないというわけではありませんが、腰を悪くしている場合は特に冷えている状態で実行すると腰をかえって悪化させやすくなります。

また実際に実行する時点でのポイントとしては、まず伸ばそうとしている部位に痛みを感じたらすぐにやめなければなりません。

呼吸を続けて無理に伸ばそうとすると、ストレッチを休まなければならなくなることもあります。またストレッチをしてもイメージ通りに筋が伸びていないのがわかるという場合は、もう一度フォームを見直さなければなりません。

いわゆる無駄骨が続くと、継続する自信もなくなってしまいます。また1つのポーズはできれば30秒程度は維持すると十分な効果が出せるといえます。

最初は5秒でもいいですが、慣れて言ったら30秒まで伸ばし、効果の持続性をアップさせるようにします。その他、ストレッチフォーム、方法はたくさんありますので、できれば一度に2、3セットをこなすのが理想です。

骨盤や股関節の健康は身体の健康を維持するために不可欠です。肩や膝などでも同じですが、これらの部位のストレッチをする前に骨盤や股関節を伸ばし、ゆがみを取るようなウォーミングアップをすることで、効果もよりアップさせることができます。

また、中川式ストレッチベンチのような器具を用いている方も多くいらっしゃいますので、一度体験してみてはいかがでしょうか。